東京などの大都会では納骨堂が増加中です

subpage01

急速に進んでいるのが、日本の高齢化です。
それに伴い、東京などではお墓の準備をする高齢者が増えています。
人口が一番多い都道府県になる大都市の東京では公営の墓地なども抽選になりなかなか希望する場所を確保できないという問題が起きています。

本当に役に立つlivedoorニュースの知りたかった情報がきっと見つかります。

やはり、高齢になると考えるのは死後の行きつく場所です。


東京のような、人が多い地区では今は納骨堂という選択もできます。


自分のお墓を持つことも確かに、古来からの考え方で悪くはありません。

東京から高野山真言宗に関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

しかし、昔とは違い家族形態がここ最近は大きく変化しています。


以前のように、お墓を守るという考えが今の時代にはあまり多くありません。

また、子ども達に死後迷惑をかけたくないという考えから納骨堂を選ぶ人もたくさんいます。
一人暮らしで、身内がいない場合もありますが家族がいても手間や管理費がかかるお墓は敬遠したいと思う人が増えてきました。

納骨堂なら、初めの費用を払い込みとほとんどの場合はそれ以後の費用は不要です。
管理費などの、費用負担を子どもたちの残すことはありません。

供養も合同になりますが、春や秋の彼岸やお盆などしっかりとしてもれます。

最近は、冠婚葬祭にお金をかけないという人が増加している中でお墓という存在もまた大きく変化を迎えています。
手軽にできることが、納骨堂のメリットです。



費用もお墓を建てることと比べると、4分の1くらいで抑えることができます。
自分も家族も納得して、生前から予約ができるので安心です。