東京で人気のビル型納骨堂

subpage01

納骨堂は、複数の遺骨を祀る建物のことで、もともとは、お寺や墓地の一角に建てられていたものですが、現在は、室内に作られているものが多く、家ごとに複数の遺骨を収納するタイプのお墓のことをいうようになりました。



東京などの都市部では、深刻なお墓不足問題もあり、できるだけ多くの遺骨を収納することができるビル型の納骨堂が急増しています。

納骨堂は、自治体が運営しているところと、お寺が運営しているところがあり、自治体が運営している場合には、供養料が安く、無宗教というのが一般的です。

便利なYOMIURI ONLINEサイトが一番おすすめです。

そのため、故人が望んでいる宗派で祀ることが可能です。

一方、お寺が運営している納骨堂の場合には、基本的にはそのお寺の宗派で祀られるという違いがあります。

形状は、仏壇式やロッカー式、可動式などさまざまなものがありますが、東京ではコインロッカーのように、棚が設置されているタイプのものが人気となっています。

東京の永代供養墓の情報をお届けします。

もちろん、東京にも、お墓に近い形で、お供えなどもおけるタイプもありますが、区画が大きくなるため、供養料が高くなりますし、スペース的に難しいことから、ビル型のものが増えています。
納骨堂のメリットは、従来のお墓を建てるよりも安く抑えることができ、室内ですからお参りや管理なども楽というメリットがあります。

また駅から近い場所に立地されていることが多いので、交通の便がよいというのもメリットといえます。

ただ、利用し続ける限りお金がかかりますし、一定期間がすぎると合祀されるという規約になっているところもあるので、注意が必要です。